優しくして優しくされたい

君を形容する言葉を探してる

【妄想】闇組織Travis Japan

 

 

おはようございます!(cv.川島如恵留)

突然ですが、皆さん一度は脳内で自担に銃持たせたことありますよね?!?!

自担が血に染まったナイフ握りしめて笑ってるところとか妄想したことありますよね?!?!

 

というわけで、私の脳内では留めきれなくなった闇組織Travis Japan妄想いってみよー

 

 

川島如恵留/エリ 依頼交渉、請負、戦闘要員。

中学生の時、自身の留学中に家族を殺された。川島の父はフリージャーナリストで、日本のある闇を暴こうとしていたが、志半ばで何者かに殺された。その犯人への復讐と、父の志を遂げる為に裏社会へ身を投じた。

ある日、敵のうちの一人に追い詰められてしまう。その時、突如現れた森田に命を救われた。それをきっかけに川島と森田が中心となりTravis Japanを組織した。

依頼の交渉、請負、経理などの組織運営とともに戦闘要員。戦闘中は終始笑顔だが、仕留める段階になるとメンバー内で一番情けがなく、生かす価値がないと判断すると表情一つ変えずに瞬殺する。本人曰く「一番苦痛のない殺し方にしてやってる」らしい。

エリという名はフランス語で遺産という意味の言葉に由来し、父の遺産である手帳を引き継ぎ、復讐を誓った川島自身でつけた。

 

森田美勇人/サイキ 戦闘要員。

心優しきヤクザ。普段は弱者に優しく温厚な性格だが、闘いになると一変し、無敵にて最恐の男となる。

森田の父は組のNo.2であり、次期組長候補であったが、それを快く思わない何者かによって殺された。森田の反撃を恐れ、組のある者らに命を狙われていた。その頃、川島の噂を聞き、父の仇に対抗する情報を仕入れる為に川島に近づいた。

腹違いの弟が弱点であり逆鱗。梶山に弟を重ねて見ている。

サイキという名は組にいた頃からその強さと戦闘時の身のこなしの美しさを形容して「不死蝶」と呼ばれていたことに由来し、自らつけた。

 

宮近海斗/ラブ 戦闘要員。

宮近の父はエリート刑事で、表向きは仲睦まじい家族の体裁を取り繕っていたが、実際、父の実績のほとんどは違法捜査によるもので、それによって家族に危険が及ぶこともあった。さらに父の家庭内暴力も絶えなかった。それに耐えかねた宮近は、ある日、父が隠し持っていた銃で父を撃った。その後は父のせいで関わりを持つことになった裏社会に入り込み、殺し屋として名を上げる。

ある日、森田の殺害を依頼されるが、それまで誰も傷さえ付けられなかった森田をすんでのところまで追いつめた宮近と、息をするように容易く人を殺してきた宮近を手こずらせた森田は互いに能力を認め合い、宮近は森田に誘われてTravis Japanに加入。

銃を持つととにかく笑顔で、川島とは反対に相手を甚振りながら息の根を止める。

ラブという名はロシア語で奴隷を意味し、軽蔑していた父親からいつまでも逃れられず、裏社会に身を沈めた自分を戒めるために自ら名乗った。

 

梶山朝日/レノ 戦闘要員。

ある日、姉が男に襲われているところに遭遇し、反射的に男を殴って半殺しにした。事件の後遺症で姉は男性の顔が判別できなくなり、梶山の顔もわからなくなった。それを知った梶山はショックを受け、家に帰らず夜の街を彷徨っていた。

そんな梶山を森田が引き止め、家に住まわせた。森田の武勇伝に魅せられたことと、姉を助けた梶山を「どんな男よりも弱い奴を守れる男が一番かっこいいんだよ。お前の姉ちゃんもちょっとびっくりしてるだけで、いつかお前のことをちゃんとわかるようになるって」と励ましたことにより、森田を師と仰ぐようになる。以来、森田に格闘技を教わり、森田についていく形でTravis Japanに加入。

森田の右腕として戦闘において活躍。

コードネームは胡蝶蘭の学名から来ており、その花言葉は「清純」「純粋な愛」。加入時に森田がつけた。

 

七五三掛龍也/アイリス 潜入捜査担当。

幼い頃から透視と読心の能力を持っている。その能力のせいで親に気味悪がられ捨てられた。幼い時は見えたものを全て口に出してしまうので養護施設でも学校でも居場所がなかった。成長するにつれて能力を上手く使い、世渡り上手となったが、どこか騙しているようで自分の能力がずっとコンプレックスだった。しかし、中学生の時に養護施設で同室になり親しくなった川島にそれを話すと「しめは人を騙しているんじゃなくて、思いやってるんだよ。しめの力は素敵な力だよ。」と言われ自信を持つ。

ある日、突然施設を退所し、行方が分からなくなった。加入時に話した話では、ある日急に七五三掛の親が七五三掛を迎えに来た。それは七五三掛の能力を利用して良からぬ企てを行うためだった。七五三掛はそれを受け入れてついていくふりをして親を嵌めて闇に葬ったらしい。その後は裏社会で情報屋として生活。そんな時に旧友川島とTravis Japanの話を聞き、Travis Japanに加入した。

現在はバーでバイトをしながら妹がいる親戚の家に仕送りをしている。

「戦闘は痛いから嫌い」だが、一度キレると誰も手がつけられなくなる。

アイリスは天と地の伝令係の虹の女神の名で、七五三掛の変装技術とコミュニケーション能力を称して川島がつけた。

 

吉澤閑也/ギフト 薬品調合、武器改造。

医療一家の末息子。兄、姉は成績優秀で全員医学部へ進学したものの、吉澤は医学部進学が望める程の成績ではなく、家庭では人として扱われていなかった。耐えきれなくなった吉澤はある日、自作の毒薬で家族を殺害した。

少年院を出た後、元々親しかった川島を頼りにTravis Japanに入る。

基本的には薬品の調合や、武器の改造等の裏方仕事を担当しているが、剣術の経験を活かしてたまに自作の長剣を担いで戦闘にやって来る。

ギフトにはドイツ語で毒という意味と英語で才能という意味があり、吉澤の過去を知った川島がつけた。

 

中村海人/シュウ インターネット担当。

中学生の時、自分をいじめていた奴の親の会社をハッキングし、機密情報を漏洩させた。結果、その会社は倒産し、その家族は借金を背負って後に心中した。

元々、内向的で友達はほとんどいなかったが、少年院で出逢った吉澤とは互いの傷を理解しあうことで親しくなった。吉澤と共にTravis Japanに加入した。

戦闘要員ではないものの、ここぞという時の破壊力があり、リーサルウェポン的存在。

お腹が空くと全く働かなくなるので、川島が冷蔵庫に大量の料理を入れている。(しかし他のメンバーに全て食べられていることも多々ある。)

シュウという名は解毒剤として使われる蕺(ドクダミ)から来ており、吉澤が自分のコードネームが決まった際に自分の辛い過去を癒してくれた中村への感謝と信頼を込めてつけた。しかしこの理由は中村には伝えていない。

 

 

 

以上、全員それぞれに重たい過去まで背負わせてしまいました。

気分を害されてしまった方がいましたらすみません。

元々、この妄想は川島さんに親の仇を取らせたいというところからスタートしたんですが、意外と美勇人さんのヤクザが私の中でドハマりしまして。美勇人さんに訳わからん柄のスーツ着せたい…

 

とにかく、闇組織ものじゃなくても何でもいいので

Travis Japanに演技のお仕事ください!!