読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しくして優しくされたい

君を形容する言葉を探してる

岡安浬という伊野尾慧

映画「ピーチガール」を観て来たら、細々とやっていた伊野尾担の血が騒いで黙っていられなくなったので書き残しておきます。ネタバレはないように気を付けたのですが、気になる方は当記事の閲覧をお控え下さい。









家でカバンに入れるハンカチを選ぶ時に少し考えた。伊野尾くんの映画初主演に感慨深さのあまり泣いてしまうかもしれない。そう思ったけれど、あのコミカルなCMからは予想出来なかった。まさか開始30分からずっと泣き続けるなんて。だから映画が終わる頃には私の小さいタオルハンカチはビショビショで使い物にならなくなっていた。あの時ハンカチ選びに悩んだ私よ、お前が正しい。元々ドラマや映画に感情移入しやすいタイプではあった。しかし、それ以上に私が涙した理由は、スクリーンにいた岡安浬があまりにも伊野尾慧だったからだと思う。


カイリは山本美月さん演じるももちゃんのことが大好きな学校一のモテ男で、ももちゃんと目が合うとウインクをしたり、好きすぎるあまりマーキングをしてみたりするようなお調子者。そして、恋敵のとーじに『もものこと本気なのか』と聞かれて、どう考えても本気とは思えないアイドルスマイルで『ほんきだよ♪』と小首を傾げて答える掴みどころのない男。
そう、平成の高田純次と呼ばれ、雑誌のインタビューで好きな女の子の服装を聞かれるとそのインタビュアーの服装をそのまま答えるようなHey! Say! JUMPの伊野尾慧にそっくりなのだ。

それでいてカイリはももちゃんの笑顔の為なら自分の恋心さえも抑え込んでももちゃんの幸せを願い、自身は幼い頃からのパティシエになる夢の為に日々修行に励むという一途で真面目な一面も持っている。
これもまた、アイドルは夢を売る仕事だから、とあまり自分の苦労話をせず、芸能活動をしながら有名私立大を4年で卒業した伊野尾くんに通づるものを感じる。

きっと伊野尾くんのファンが集まって伊野尾くんを少女漫画にしようとしたらカイリみたいな人になるんだと思う。それ位、スクリーンの中のカイリに伊野尾慧を見ていた。伊野尾くんも撮影中はカイリと自分に似たものを感じていたらしい。(完成後、客観的に見ると全然似ていないと思ったらしいが。)実際の伊野尾くんは女の子に面と向かって好きだと言ったりしないだろうし、学校一のモテ男というタイプでもないと思う。それでも、アイドルグループの一員として女の子の視線を集め、沢山の人に夢や勇気を与え、胸の内に熱いものを秘めているが、どこか掴みどころがない伊野尾くんにやっぱりカイリは似ていると思う。

だから、カイリがももちゃんを思う度に、カイリが真剣にケーキを作る姿に、カイリの傷ついた横顔を見る度に伊野尾くんのこれまでの活動や思いが蘇ってきて、涙が止まらなかった。
正直、今まで伊野尾くんの扱いや仕事量が不満だったこともあった。でも、最近の伊野尾くんはとってもお仕事に恵まれているなと思う。量というよりも、とても素敵なお仕事を貰えているなと。多分、カイリみたいな役が伊野尾くんに来るということは、私が大好きで、尊敬していて、自慢の伊野尾くんが世間にギャップなく伝わっているんだと思う。私は原作を読んだことがないので、原作の岡安浬は分からないけど、映画『ピーチガール』の岡安浬が伊野尾くんでよかった。そして伊野尾くんの初出演、初主演映画が『ピーチガール』でよかった。

というわけで、伊野尾くんを知っている出来るだけ多くの人に映画『ピーチガール』を見てほしい。
もちろん、伊野尾くんを知らない人も、衣装が凄くオシャレで可愛いし、カイリが作るケーキは綺麗で美味しそうだし、何より出演者がみんな美形でキラッキラしていて楽しいのでぜひ、映画『ピーチガール』ご覧下さい。

【妄想】闇組織Travis Japan

 

 

おはようございます!(cv.川島如恵留)

突然ですが、皆さん一度は脳内で自担に銃持たせたことありますよね?!?!

自担が血に染まったナイフ握りしめて笑ってるところとか妄想したことありますよね?!?!

 

というわけで、私の脳内では留めきれなくなった闇組織Travis Japan妄想いってみよー

 

 

川島如恵留/エリ 依頼交渉、請負、戦闘要員。

中学生の時、自身の留学中に家族を殺された。川島の父はフリージャーナリストで、日本のある闇を暴こうとしていたが、志半ばで何者かに殺された。その犯人への復讐と、父の志を遂げる為に裏社会へ身を投じた。

ある日、敵のうちの一人に追い詰められてしまう。その時、突如現れた森田に命を救われた。それをきっかけに川島と森田が中心となりTravis Japanを組織した。

依頼の交渉、請負、経理などの組織運営とともに戦闘要員。戦闘中は終始笑顔だが、仕留める段階になるとメンバー内で一番情けがなく、生かす価値がないと判断すると表情一つ変えずに瞬殺する。本人曰く「一番苦痛のない殺し方にしてやってる」らしい。

エリという名はフランス語で遺産という意味の言葉に由来し、父の遺産である手帳を引き継ぎ、復讐を誓った川島自身でつけた。

 

森田美勇人/サイキ 戦闘要員。

心優しきヤクザ。普段は弱者に優しく温厚な性格だが、闘いになると一変し、無敵にて最恐の男となる。

森田の父は組のNo.2であり、次期組長候補であったが、それを快く思わない何者かによって殺された。森田の反撃を恐れ、組のある者らに命を狙われていた。その頃、川島の噂を聞き、父の仇に対抗する情報を仕入れる為に川島に近づいた。

腹違いの弟が弱点であり逆鱗。梶山に弟を重ねて見ている。

サイキという名は組にいた頃からその強さと戦闘時の身のこなしの美しさを形容して「不死蝶」と呼ばれていたことに由来し、自らつけた。

 

宮近海斗/ラブ 戦闘要員。

宮近の父はエリート刑事で、表向きは仲睦まじい家族の体裁を取り繕っていたが、実際、父の実績のほとんどは違法捜査によるもので、それによって家族に危険が及ぶこともあった。さらに父の家庭内暴力も絶えなかった。それに耐えかねた宮近は、ある日、父が隠し持っていた銃で父を撃った。その後は父のせいで関わりを持つことになった裏社会に入り込み、殺し屋として名を上げる。

ある日、森田の殺害を依頼されるが、それまで誰も傷さえ付けられなかった森田をすんでのところまで追いつめた宮近と、息をするように容易く人を殺してきた宮近を手こずらせた森田は互いに能力を認め合い、宮近は森田に誘われてTravis Japanに加入。

銃を持つととにかく笑顔で、川島とは反対に相手を甚振りながら息の根を止める。

ラブという名はロシア語で奴隷を意味し、軽蔑していた父親からいつまでも逃れられず、裏社会に身を沈めた自分を戒めるために自ら名乗った。

 

梶山朝日/レノ 戦闘要員。

ある日、姉が男に襲われているところに遭遇し、反射的に男を殴って半殺しにした。事件の後遺症で姉は男性の顔が判別できなくなり、梶山の顔もわからなくなった。それを知った梶山はショックを受け、家に帰らず夜の街を彷徨っていた。

そんな梶山を森田が引き止め、家に住まわせた。森田の武勇伝に魅せられたことと、姉を助けた梶山を「どんな男よりも弱い奴を守れる男が一番かっこいいんだよ。お前の姉ちゃんもちょっとびっくりしてるだけで、いつかお前のことをちゃんとわかるようになるって」と励ましたことにより、森田を師と仰ぐようになる。以来、森田に格闘技を教わり、森田についていく形でTravis Japanに加入。

森田の右腕として戦闘において活躍。

コードネームは胡蝶蘭の学名から来ており、その花言葉は「清純」「純粋な愛」。加入時に森田がつけた。

 

七五三掛龍也/アイリス 潜入捜査担当。

幼い頃から透視と読心の能力を持っている。その能力のせいで親に気味悪がられ捨てられた。幼い時は見えたものを全て口に出してしまうので養護施設でも学校でも居場所がなかった。成長するにつれて能力を上手く使い、世渡り上手となったが、どこか騙しているようで自分の能力がずっとコンプレックスだった。しかし、中学生の時に養護施設で同室になり親しくなった川島にそれを話すと「しめは人を騙しているんじゃなくて、思いやってるんだよ。しめの力は素敵な力だよ。」と言われ自信を持つ。

ある日、突然施設を退所し、行方が分からなくなった。加入時に話した話では、ある日急に七五三掛の親が七五三掛を迎えに来た。それは七五三掛の能力を利用して良からぬ企てを行うためだった。七五三掛はそれを受け入れてついていくふりをして親を嵌めて闇に葬ったらしい。その後は裏社会で情報屋として生活。そんな時に旧友川島とTravis Japanの話を聞き、Travis Japanに加入した。

現在はバーでバイトをしながら妹がいる親戚の家に仕送りをしている。

「戦闘は痛いから嫌い」だが、一度キレると誰も手がつけられなくなる。

アイリスは天と地の伝令係の虹の女神の名で、七五三掛の変装技術とコミュニケーション能力を称して川島がつけた。

 

吉澤閑也/ギフト 薬品調合、武器改造。

医療一家の末息子。兄、姉は成績優秀で全員医学部へ進学したものの、吉澤は医学部進学が望める程の成績ではなく、家庭では人として扱われていなかった。耐えきれなくなった吉澤はある日、自作の毒薬で家族を殺害した。

少年院を出た後、元々親しかった川島を頼りにTravis Japanに入る。

基本的には薬品の調合や、武器の改造等の裏方仕事を担当しているが、剣術の経験を活かしてたまに自作の長剣を担いで戦闘にやって来る。

ギフトにはドイツ語で毒という意味と英語で才能という意味があり、吉澤の過去を知った川島がつけた。

 

中村海人/シュウ インターネット担当。

中学生の時、自分をいじめていた奴の親の会社をハッキングし、機密情報を漏洩させた。結果、その会社は倒産し、その家族は借金を背負って後に心中した。

元々、内向的で友達はほとんどいなかったが、少年院で出逢った吉澤とは互いの傷を理解しあうことで親しくなった。吉澤と共にTravis Japanに加入した。

戦闘要員ではないものの、ここぞという時の破壊力があり、リーサルウェポン的存在。

お腹が空くと全く働かなくなるので、川島が冷蔵庫に大量の料理を入れている。(しかし他のメンバーに全て食べられていることも多々ある。)

シュウという名は解毒剤として使われる蕺(ドクダミ)から来ており、吉澤が自分のコードネームが決まった際に自分の辛い過去を癒してくれた中村への感謝と信頼を込めてつけた。しかしこの理由は中村には伝えていない。

 

 

 

以上、全員それぞれに重たい過去まで背負わせてしまいました。

気分を害されてしまった方がいましたらすみません。

元々、この妄想は川島さんに親の仇を取らせたいというところからスタートしたんですが、意外と美勇人さんのヤクザが私の中でドハマりしまして。美勇人さんに訳わからん柄のスーツ着せたい…

 

とにかく、闇組織ものじゃなくても何でもいいので

Travis Japanに演技のお仕事ください!!

 

 

ノエルと私の216日~DDが自担を増やした話~

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、超DD体質(ジャニーズWEST桐山照史藤井流星、Six TONESジェシー中村嶺亜担当)の私が、先日からTravis Japan・川島如恵留くんのファンを始めました。

 

この記事は、DDが担当を増やすことについてDDなりに悩み、そしてDDなりの結論を出すまでの無駄に長い記録です。

 

DDの日記なんぞ興味ないわ、時間があまりないという方はすぐにこのページを閉じて、動画サイトで川島如恵留くんを検索してください。可愛いから。後悔はさせない。

 

 

さて、前置きはこんなところで、私の如恵留くんとの出会いは去年の夏に遡ります。

 

 

 

◎1日目

時は2016年8月23日、私はサマステジャニーズキングの会場、EXシアター六本木にいた。

Six TONESをそして愛しのジェシーくんを見るために。

 

そう、この時私はTravis Japanの魅力にまだ気づいていなかった。

 

初めてトラジャが見れる~朝日くんとしめちゃんはタイプの顔だし~嬉しい~

DD気質の私はそれ位にしか思っていなかった。この時点で如恵留くんへの興味はほぼゼロ。

 

そんなモチベーションの中で始まったサマステ。

 

久々に見るSix TONESはかっこよくて、もう1曲目のBe Crazyで元が取れた感。

やっぱりSix TONES世界一かっこいい。

 

しかし、程なくしてそれが揺らぎ始めた。

 

Travis Japanのパフォーマンス「It's BAD」が始まり、私は衝撃のあまり暫くペンライトが振れなかった。

とにかくめちゃくちゃダンスが上手い。

一糸乱れぬとは彼らの為にあるのではないかと思うほどに揃ったダンスに心臓を鷲掴みにされた。しかも、揃っているのにも関わらず、決して機械的ではなく、随所にそれぞれの個性を織り込んで踊っていた。

これは好みの顔を眺めるだけじゃ駄目だ、そんなの勿体なすぎる。すぐに思い直して出来るだけTravis Japan全体を見るようにした。

 

すると、如恵留くんが軽々とアクロバットを決め、着地した。この時、私はメンバーの手拍子や足音が聞こえる位にステージに近い所で見ていたのに、如恵留くんのアクロバットの着地の音は聞こえなかった。何あの人!?!?忍びか!?!?と思ったのが如恵留くんへの衝撃その①

 

それから、担当のジェシーくんを見ながら如恵留くんを視線の端で追いかけた。

 

そしてすぐにやって来た如恵留くんへの衝撃その②

それはМC中のことでした。

それまでの薄~いながらの如恵留くんのイメージは、目をギラギラさせてゴリゴリに踊っているお兄さんという感じで、正直ちょっと怖い印象すらありました。

 

しかし!目の前にいる如恵留くんを見て下さい!

六本木でどうにか爪痕を残そうとボケをかますメンバーを温かく見守る聖母の眼差し!!!

そしてそのボケには誰よりも早く反応して見せる赤ちゃんのような無垢な笑顔!!!

 

…なにこの人…全然怖くない…包容力凄い…天使なのかな?女神なのかな?

 

さらにここで如恵留くんが青学在学中(当時)の超秀才&セレブであることを思い出します。

 

…ちょっと待って、これだけかっこよくて、可愛くて、頭が良くて、運動も出来て、お金持ちでって結婚するしかなくない??

 

如恵留くんをちゃんと認識してから約1時間でリア恋枠をすっ飛ばしてリアル旦那枠に如恵留くんを置きます。

 

そしてトラジャチャンピオンのソロパートでのロイヤルミルクティーボイスに衝撃その③

 

 

でも、この日はここまでで、如恵留くんに落ちる決定打はありませんでした。

 

だって自担がファンサしてくれちゃったんだもん←

ごめん、ジェシーくん。ちょっと浮気しててごめんね(泣)やっぱりジェシーちゃん大好き(泣)

 

 

 

◎2日目

翌日、というか帰宅してすぐにHDDに残っている少クラを見返してTravis Japanを大捜索。(ジェシーちゃん大好きはどうした)

 

とりあえずFace Downと愛を叫べは見つけた。

 

愛を叫べ可愛すぎ…無理…如恵留くんだけじゃなくてトラジャってみんな天使じゃない??

 

 

 

◎3日目

「川島如恵留」をインターネット検索。そしていつぞやの自己紹介動画を見つける。

 

無理…可愛い…誰だよ、如恵留くん怖いとか言ってた奴は…私も捏ねられたい…私も50回生まれ変わったら如恵留くんに捏ねられる小麦になれるかな←

 

 

 

◎13日目

ここまで少クラリピ、トラジャ担のブログ検索を日課にしながら約2週間を過ごしました。

 

この日は学校の文化祭。

そして応援屋の一般発売日。

 

ええ、目の前で可愛い子達に言われた「皆さん見に来てください!」を真に受けましたよ。

 

幸い、親がオタ活に理解のある人達なので親に電話を頼み、登校しました。

しかし、電話終わりに文化祭にやって来た親に結果を尋ねると………玉砕。

まあ一般だし、ちょっとした出来心だからしょうがないよね。そんな風に思っていました。

 

しかし、

 

 

 

◎16日目

夢で如恵留くんにファンサを貰う。

 

全っ然しょうがなく思ってなかったんですね。

しかもしっかり日生劇場らしき場所で、ショータイムに客席登場した如恵留くんに向かってデカい声で名前を呼ぶ私。

そしてあの赤ちゃん笑顔で微笑まれて昇天。(夢の中)

 

 

 

◎20日目

如恵留担になった時のメリット・デメリットを書き出してみる(授業中)

今思えば、こんな事を考えている時点で相当好きになってる。

 

その時に書いた内容はこんな感じ。

 

メリット

・トラジャ可愛すぎる

・罪悪感なく好きって言える

・今落ちればデビュー後は古株

・トラジャのキレキレダンスを何度も見られるってプライスレスでは?

 

デメリット

・DDにはお金もねえ!時間もねえ!

・舞台班が初で戸惑う

・現場マジックではないとは言い切れない

・落ちた後に退所、解散なんてことになったら耐えられない

 

と書いてみたところで好きなものは好きだし、デメリットには納得するしかないしで結局決められず。

 

 

 

◎21~178日目

如恵留くんを中心につまみ食い。

 

色んな人に沸いたこの年。

ざっくりと如恵留くん以外に沸いた人をまとめるとこんな感じ。

 

9月中旬→阿部亮平くん(少年たちでハイハイと踊っているのが可愛かった)

 

10月下旬~11月→古謝那伊留くん(上田陸上部での涙に惹かれた)

 

12月→岩本照くん(唐突にひーくんと恋がしたくなった)

   石沢晴太郎くん(小っちゃかった子がいつの間にかお兄ちゃん達に負けずに踊れる男になってる)

 

そんな風に色んな人に沸いたので如恵留くんも一過性なのかも?と思い始める。

 

そしてジャニアイは全滅で、レポでなんとなく出演シーンを把握しただけで、グッズを買いに行くこともなし。

 

 

 

◎178日目

ジャニショで如恵留くんの写真を買う。

 

先ほど書いたように、あらゆる子に惹かれていたので、自担以外の写真を買うことは覚悟していた。しかし、際限なく買っていては破綻する。というわけでこんな制約を設けた。

 

一、自担以外に買うのは如恵留くん、古謝くん、岩本くん、晴太郎くんだけ

二、上記の人一人につき1枚だけ

 

 

そうして(自担以外で)買ったのは

 

・川島如恵留くん

・トラジャ組+閑也くんの混合

 

の2枚。……って思いっきり如恵留くん2枚買ってるじゃん!!

 

いや、だって関西の子達は写真なかったし?岩本くんは琴線に触れる写真がなかったから?←

 

と親に弁解しながら写真を買ったものの、如恵留くんに落ちるというか、如恵留担を宣言するきっかけを逃し続けていました。

 

 

 

◎184日目

Travis Japanが7人になる。

 

まず、クリエにストも嶺亜くんも出ないことにショックも受けたんですけど、それよりもショックいうか、現実を見た感じがしたというか。

 

ジャニーズWESTはデビューしてから順風満帆だったし、Six TONESだってやっとユニット名貰えてメンバーの雰囲気も凄くいい感じで、中村嶺亜くんだって陸上部メンバーになったりJr大賞で8位に入ったり、このところ楽しい所しか見てなくて、ジャニーズJrってこんなに不安定な存在だったんだって思い出した。

 

彼にそういう噂があったことも知らなかったくらいの外野だったけれど、やっぱり知っている人が知っている場所からいなくなるというのは寂しく思いました。

 

そしてもう一つ頭をよぎったのは、想像したくないけれど、如恵留くんもそういう不安定な場所にいるんだということです。

 

20日で書いたデメリットにもあったけれど、ジャニーズJrを応援するということはそれも含めて好きになるということで、これ以上無くしたくない人を増やして万が一の時に耐えられるのか、すごく悩みました。

 

 

 

◎194日目

如恵留くんの団扇を作り始める。

 

友達と申し込んだJr祭り。私のチケットはスタンドだったのですが、友達がなんとセンター席を当ててくれまして。

担当じゃないけど、ジェシーくんの団扇も持つけど、それでも如恵留くんの団扇を持ちたい!という思いを止められず、作成に至りました。

 

 

 

◎216日目

そして運命の如恵留担になった3月26日。

 

この日、昼と夜の2公演入りました。昼は私のチケットなのでスタンドから双眼鏡でジェシーくんと如恵留くんを追いかけ、センター席の夜公演に備えて立ち位置の確認。

 

如恵留担になるのを迷う理由としてサマステで席が近かったからそのドキドキを勘違いしているだけなんじゃないか、というのがあったんですけど、スタンドから見ても如恵留くんのダンスはしなやかで芯があって、曲の世界が見えるような踊り方で、見ていてすごくワクワクしました。

 

さらに、ファンサもとても丁寧で、自分にされた訳でもないのに見ているだけで瀕死級の濃厚なファンサービス。

 

ああこのまま如恵留担になるのかもしれない。

そうは思ってもまだ決めきれずにいました。

 

そして如恵留担への道へ傾きながら向かった夜公演。

 

やっぱりセンター席ってステージがめちゃくちゃ近い!!スタンドと比べ物にならない!!!双眼鏡いらない!!!!こんな近くで直にイケメン見たらが目溶ける!!!!!

 

しかも目の前で如恵留くんのアクロバットも見られ、ここはなんだ天国か。

 

そんな良い席だったので、友達は自担にファンサを貰い、周りの方も次々にファンサを貰っていました。

 

しかし、二兎負うものは一兎も得ず。目の前の花道を何度も通り過ぎていく一人の自担と一人の推し。こんな近くで好きな人のパフォーマンスを目に焼き付けられたんだからそれで充分、そう思ったとき、

 

「如恵留くん来てる!」

 

友人に肩を叩かれて振り向くと、丁度正面を通り過ぎていく如恵留くん。

団扇を持ち替え、見つめるも視界には入っていない様子。

しかし、目の前を少し通り過ぎたところで如恵留くんは立ち止まりました。

手をこちらに伸ばして、胸に手を当ててお辞儀……え??私????

急いで後ろの投げチューの面を見せると、如恵留くんのしなやかな手が口元からふわっと再びこちらの伸ばされた…………嘘、投げチューされた???

 

傍観していただけで瀕死だったのに、それが自分に向けられたら私の中で何かが滅亡した。

 

そしてその代わりに新たに如恵留担であるという自覚が誕生した。

 

もう迷わないし、疑わない。

やっぱり私は如恵留くんが好きだし、Travis Japanのこれからをより近くで見ていきたい。Travis Japanなら絶対にもっと素敵な景色を見せてくれるし、微々たるものでもその応援がしたい。

 

そんなこんなで8月23日から216日かけて3月26日に川島如恵留担になった。

 

216日間もグダグダと悩んだくせに、最後はファンサ落ちだった。

でも、私はあのファンサによってやっぱり如恵留くんが好きだということと、もう一つ気づいたことがある。

それは私は「楽しい」からジャニオタをやっているということだ。

 

如恵留担になる理由として、お金がないとか大穴・如恵留くんに落ちる不安といったこともあったが、それ以上に「DDは悪だ」という気持ちがあった。一途に一人を見つめ、使えるお金を一人の自担の為に使うのが当たり前で、あっちにもこっちにもというのは間違いだ、そんな風に思っていた。だから私は早くDDを辞めたいと思っていたし、日頃からDDを自虐的に名乗っていた。

 

でも、如恵留くんのファンだ、と宣言して、ジャニオタを始めた当時、ただ楽しくて、ただ好きだからその人の担当を名乗った気持ちを思い出した。

あの時、如恵留くんが団扇を見つけてくれていなかったら、いつかジャニオタを義務に感じてジャニオタの自分が嫌になっていたかもしれない。

でも、如恵留くんのおかげでジャニオタはコンサートの申し込み規約や他言無用のメールはあっても、応援スタンスにルールはないことを思い出した。

そして今、ただ楽しいという気持ちだけでジャニオタをやっている。そんな今が最高に幸せだ。

 

 

というわけで、改めて、DDとして川島如恵留担を始めます。